キャッシングの約定金利平均

キャッシングの約定金利平均

キャッシングやカードローン利用者の約定金利(融資が決まった金利)はいくらなのでしょうか?ここでは、日本貸金業協会が発表している統計データを紹介します。

キャッシングやカードローンの最新データ2013年3月

カードローンやキャッシングは、CMなどでは金利「○○%~△△%」のうちの下限の金利を大きくアピールするため、想像よりは高い金利だと感じた方が多いのではないでしょうか。また、昨年よりも0.5%貸付金利が上がっているのも特徴的です、逆に平均の貸付額は約24万円と昨年から2.5万円ほど下がっています。

これは、近年のCMの増加や、金利引き下げなどによって、少額のカードローン利用者が増加したことが要因と考えられます。数万円程度の借り入れをする方が増えたため、平均の貸付額は下がり、少額であると金利が高くなるため、必然的に平均約定金利も上がったのです。

逆に今から、キャッシングやカードローンを利用しようと考えている方は、上記の金利が平均であることを認識して比較検討すると良いでしょう。