キャッシングの審査落ち対策

キャッシングの審査落ち対策

キャッシングサービスを利用する際に審査に落ちてしまうこともあるかと思います。ここれでは、審査落ちした時に取るべき対策について解説します。

キャッシングの審査落ち対策

1.勤続年数を確認する

勤続年数は3年以上が審査が通りやすいポイントです。現在では1年以上あれば、ほとんどの合格ラインと言われています。しかし、半年未満の場合は、この勤続年数が理由で審査が通らないこともあるのです。勤続年数が半年未満の場合は、もう少し待ってから申し込みましょう。

2.他社借入件数を確認する

3社以上の他社借入があると審査に通るのは非常に難しくなってしまいます。

回避策1 金利が高く、少額の借り入れから完済し借入件数を減らす

一番まっとうなやり方は、金利が高くて少額の借り入れから完済することで借入件数を減らす方法です。

回避策2 おまとめローンなどを利用して債務を一本化

おまとめローンは、キャッシングとは違い、はじめから複数の他社借入があることを前提にしたローンです。そのため、他社借入件数のハードルはキャッシングよりも低い可能性があるのです。おまとめローンによって、債務を一本化するのも一つの方法です。

おまとめローン

3.審査通過率の高い別のキャッシングに申し込む

審査の方法は消費者金融によってことなります。A社で落ちても、B社で通ることも往々にしてあるのです。特に審査通過率が高い消費者金融のキャッシングを利用するとよいでしょう。

アコム 45.3%
プロミス 38.6%
レイク 30.6%
アイフル 29.9%

消費者金融審査通過率ランキング

4.半年間で3社以上申し込んでいないかを確認

半年間で3社以上申し込んでいると申し込みブラックとして4社目以降は審査が通らなくなってしまいます。その場合は、半年間経過するのを待ちましょう。

5.バイトやパートの場合は、継続勤務期間が短い可能性も

バイトやパートの場合でも、勤続期間というのが重視されます。安定した収入があることというのがキャッシングの申し込み条件でもあるのです。安定した収入というのは継続した収入という意味なので、バイトやパートの場合も、勤続期間が重視されるのです。この場合は、半年以上を経過してから再度申し込むことが必要です。